□実施報告「レポートのいろは」(2020/6/24-8/31)

2020年度前期の遠隔授業の実施にともない、レポート執筆の基礎的な内容についての学修支援セミナー「レポートのいろは」を7パートに分け、各パート10~20分程度の動画としてWebClassに公開しました。

動画公開後に、「個別相談強化期間」を設け、一般的な解説だけではわからない部分や、より具体的なレポートのブラッシュアップに向けたサポートの個別相談をオンラインで受け付けました。

また、このセミナーに参加したTA・SA の育成および参加教職員のFD・SD としても活用され、全学FD 事業として実施されました。全学FD 委員会、全学共通教育委員会にも共催いただき、学内広報にも協力をいただきました。

今回、初めて動画配信でセミナーを実施しました。WebClassでラーニングセンター(LC)のコマを全員に追加していただいたことから、非常に多くの参加者をえられました。これまで周知が届かなかった学生の目に触れることはWebClassの利用の大きな利点でした。

この動画の制作にあたっては、SA・TAは不安や緊張感をもって作業に臨みましたが、彼らの尽力によりラーニングセンターの活動の認知度は、飛躍的に高まりました。

オンラインセミナーの参加者は合計658名、学部学生353 名[商82 名、経48 名、法44 名、文52 名、理29 名、工37 名、医27名、生科34 名] 科目等履修生7 名、大学院生34 名[商3 名、経2 名、文1 名、工5名、医1 名、生科3 名、都市29 名、法3 名]、教職員34 名でした。