□実施報告 英語学修支援 利用者の声(2019年)

英語学修支援利用者の声(2019年オープンキャンパスで紹介されました!)

  1. 私は今1回生で、今年の5月から前期が終わる7月まで、2週間おきに、英語相談を利用しました。まず、2週間、私が自主学習として何をしたのかを伝え先生と一緒に改善点を考えます先生のアドバイスの1つで、英語の本を読み終えたら、単語のリストを作ることと、巻末のクイズに答えることを提案され、読むときにもっと集中できるようになりました。(学部1回生)
  1. 利用期間は2カ月。1人で勉強すると、つい課題をやらなくなってしまいがちですが、チェックしてくれる人がいると、プレッシャーがかかるので、取り組みやすいです。定期的に受けることで、モチベーションが維持できて助かっています。(学部4回生)
  1. 学修支援は2ヶ月ほど継続して受けています。IELTSを受検するためのライティングの課題の添削や、勉強計画の相談などを受けていただいています。丁寧に教えてくださり、とてもわかりやすいし、役立ちますEnglish Café Talk(*)もおすすめです。(学部2回生)
  1. 1回生のときから、毎週両日とも利用させていただいています。先生方とお話しするのはとても楽しく、さすがに何も準備してこないのは気まずいので、勉強のリズムづけになっています。(もちろんやってこない日もあります。そのときは、一緒にやるか、たいていは、終始おしゃべりに終わります。)(学部2回生)
  1. 昨年の10月から半年ほど、リー先生の英語の学修支援を利用しています。長期間の留学を希望していた私ですが、英語を話すネイティブの方と対面で会話ができる環境を得たくて、学修支援に応募しました。リー先生は毎週英語で様々な相談に応じてくださり、大変英語の上達の助けになりました。(学部2回生)ィブの方と対面で会話ができる環境を得たくて、学修支援に応募しました。リー先生は毎週英語で様々な相談に応じてくださり、大変英語の上達の助けになりました。(学部2回生)

(*)English Café Talkは、Global Villageで週3回実施され、午後510分から1時間、ネイティブの先生を囲んで、学部生も院生も自由に会話を楽しみながら、コミュニケーション力を高める場です。