□実施報告「効果的に伝えるプレゼン技術を学ぶ」(2019/2/21)

 

 

 

 

第三回教育支援セミナー、(株)マッキャンエリクソン社の下江礼氏による「効果的に伝わるプレゼン技術を学ぶ」が、2月21日午後1時半から学術情報総合センター10階の大会議室において開催されました。学生、教員、職員、研究員・研究生151名が参加しました。また、阿倍野キャンパス、医学部付属病院からも参加が多数ありました。

第1部ではプレゼンテーションを行う際の基本姿勢や技法等基礎についての講演を行い、第2部では模擬プレゼンによる演習が行われました。

アンケートは108名の方から回答がありました。事情があるとは思うが配布資料はあった方が良いという声や、後半の演習で突然指名されて戸惑ったという声も一部寄せられましたが、演習への満足度の高い回答が大半でした。

参加者アンケートでいただいたコメントの一部をご紹介します。

  • 見せる(魅せる)方法が少しわかった気がしました。
  • なかなか捉えどころがないプレゼンについて、少し具体的なテクニックが分かったので、大変意義がありました。
  • 講師の講義自体がプレゼンなので、全てから学びえた。
  • 演習を取り入れて頂くことで、自分のプレゼンを考え直す機会となりました。プロフェッショナルな方のプレゼン技法を見ながらの」セミナーで、参加してよかったです。
  • 演習も学生だけでなく院生、先生と様々な人が参加して、色々なプレゼンを聞けて、すごく面白かった。雰囲気(作り?)がとてもよかった。
  • すごく学びになりました。最後の言葉「プレゼンテーションはエンターテインメント」は、すごいです!いい意味でプレゼンは少し力を抜いた方が楽しめた者の勝ちで、その方が、言いたいことが伝わるのではないかと思いました。そして、意識を「自分から離す」もなるほどと思いました。いつも緊張していた理由が明確になり、解決法の一つとしてぜひ取り入れたいです。もうすぐ大きなプレゼンがあるので、頑張ろうと!という勇気をもらえました!私も楽しんでプレゼンテーションしてきます!!
  • 来期からインターンシップやゼミが本格的にはじまるので、すごくためになりました。余談も興味あるもので眠くならずに聞けました。
  • プレゼンのスライドがとても素敵で見やすかったです。学生も実践しやすい内容で身になりました。今後のプレゼンの授業で生かしていきたいです。発表させていただいたのですが、まさかと思って混乱のままにプレゼンしたのですが、良い経験をさせていただきました。(笑)ありがとうございます。
  • 突然大人数でプレゼン指名されるので、とまどいました。事前に決めていただきたかったです。実際のプレゼンでも、いきなりということはないので。
    講義は大変楽しかったです。テクニックは今後役立てていこうとおもいます。うろたえずに人前で話すには準備と経験が必要だということがよくわかりました。