■第16回FD研究会 「本学の学修成果保証スキーム・教学IRの現状と課題①-教員・学生調査・教育実践評価から考える」開催のご案内(2018/11/1)

学修について知ること(評価すること)は効果的な教育を実現する上で重要なことです。今回のFD研究会では、全学及び各部局での学修成果・教育成果を把握するための試みの報告をもとに、大阪市立大学教育改善FD宣言にある「本学の学生に真に学ばせるための教育改善」について議論したいと思います。

そのため、この議論に教員のみならず、学生の皆さんの率直な考えや意見が加われば、より有意義な議論になるのではないかと思います。どうぞお気軽にご参加ください。

日時: 2018年11月1日(木) 13:30~16:10 (受付:13:00~)

場所: 大阪市立大学 杉本キャンパス 学術情報総合センター10階会議室

プログラム

13:00~受付開始

13:30開会挨拶(荒川哲男 学長)

13:40~14:10「教育・FDに関する教員意識調査結果と教育実践事例WEB

データベースの紹介」(大学教育研究センター 飯吉弘子 他)

14:10~14:30「学士課程学生調査からみる本学性の学修―2016年度上級生調査を中心に」 (大学教育研究センター 西垣順子 准教授)

14:30~14:50「英語教育における学修成果の評価と認識―自律的言語学習者・言語使用者の育成をめざしてー(仮)」(英語教育開発センター 田中一彦 教授)

14:50~15:10「部局の成績データを分析して見えてきたもの(仮)」(生活科学科 永村 一雄 教授)

15:10~15:20休憩

15:20~16:00全体討論 

16:10閉会挨拶 (橋本文彦 副学長・大学教育研究センター所長)

司会:水野寿朗(理学研究科)・大久保敦(大学教育研究センター)

お申込み先:大学教育研究センター

Email: center@rdhe.osaka-cu.ac.jp 

※当日参加も歓迎いたしますが、できれば10月30日(火)までに事前申込(学部・学年・名前・連絡先)を連絡ください。

主催:大阪市立大学 大学教育研究センター

共催:AP事業プロジェクト推進委員会・全学共通教育教務委員会