□実施報告 英語学修支援 利用者の声

英語学修支援利用者の声(2018年オープンキャンパスで紹介されました!)

1.この学習支援を知ったのは、ふらっとラーニングセンターに立ち寄った時のポスターでした。生徒さんと先生が和気あいあいと英語でお話しされていて楽しそうだったので、私も支援室に通うようになりました。初めはSpeaking力強化のために通いだしたのですが、英検準1級を在学中に取りたいという思いもあったので、Writing力強化のために先生にご指導いただくようになりました。一人で勉強していたら、絶対気づかないようなミスを指摘して下さり、そして様々な英語表現をしることができるので、大変参考になります。(学部2年生)

2.毎週ほぼ同じ時間に学習支援を受けています。先生からの指導があるのでその準備(添削していただくライティング)をするために英語の勉強が習慣づけられ、良いリズムが生まれています。添削に入る前の先生との雑談も、いつもとても楽しいです。(学部1年生)

3.急な相談に乗って下さいました!英検準1級のライティングを見てもらい、お陰様で本番のライティングで満点を取ることができました!その後も英検の面接の練習、TOEFLの練習も丁寧にバックアップしてもらって、助かっています。(学部1年生)

4.自分の場合、毎週英語をしゃべる場所として素直に取り組ませてもらっています。洋画の話を共有したり、さまざまな情報交換の場として役に立ちます。留学に関して相談に乗っていただいてすごく心が軽くなりました。(学部生)

5.ネイティブの方と生でお話しできるので、普通ではできない貴重な経験だと思います。英語でコミュニケーションしないと意思疎通ができないので、必死で英語を聞いて話すようになれる所がいい所だと思います。学習支援を受ける前と後では、英語で考えて英語で話す、一旦日本語に訳すことなく、英語で意味を理解するところの力がよりついたのではないかと思いました。(学部生)

6.様々な英語学習支援の手段を提案してくれて、一人では見つけることができなかったような方法も与えてくれて、比較的早くから利用していてよかったと実感しています。自ら英語を話す機会が増えたので、慣れてきたというのが最も利用していてよかったと思う点です。どの学部生でも利用できるので、英語に関わりが少ない学部生でも英語力向上が図れるので、英語に興味があるなら、この「英語学修支援」を活用しない手は無いと言えます。(学部1年生)

7スピーキングの技術を向上させたいと思い、学修支援を活用するようになりました。先生には、スピーキングの練習ができるWebサイトや、英語でコミュニケーションを行う場などを教えていただきました。それらの活用に加えて、先生と週に一度英語でコミュニケーションをとることで、私のスピーキングスキルは大きく向上したと考えています。今後も学習支援の利用を継続し、自身の能力を向上させていきたいと考えています。(大学院生)

8.英語が苦手だったので、週1回、個別で相談に乗ってもらえる時間があるのは非常に心強かった。学部によっては、英語の先生と一対一で話す機会はまれであって、非常に貴重な体験ができた。来る前(相談してもらえる前)は、「ただ英語が苦手」で、具体的にどのような部分が苦手か、どうやったら上達できるかわからなかったが、相談してもらうのを通してわかってきた相談を通して、英語が上達していると感じる時が、本当に英語は楽しい。読んだり、話したりでできるようになるのは楽しい。(研究生)