□実施報告「市大生の井戸端会議ー期末試験編」(2018/06/26)

   

6月26日の昼休みに学術情報総合センター1階のツクルマで、主に1・2年生を対象に、期末試験に向けた見通しを立て、不安を解消することを目的としたイベントを開催しました。ゲストスピーカーの発表とそのあとのフリートークという構成で実施しました。参加者は学生が17名、教職員が6名、合計23名でした。

  学修奨励賞を受賞した商学部3年生のわかりやすく説得力のある発表のあと、TA・SAも交えて期末試験に関する悩みや疑問等を語り合い、参加者が試験に向けて学習計画を立てることの意義に気付く機会となりました。

▽▲▽参加者の声▽▲▽

*「テストの内容を4つに分けるのが良いと思いました。私も実践しようと思います。」

*「いろいろ質問できてよかったです。」

*「文学部についても知りたかった。」

*「ツクルマを活用したことで、集客しやすかったと思う。座談会では学部学生の立場から参加者と親密にトークすることができた。ラーニングセンターでの取り組みをもっと学生の人達に知ってもらえたらなあと思いました。」