□実施報告「市大生の井戸端会議ー新生活編」(2018/5/16)

 

連休が明け1学期は中盤にさしかかってきました。4月の緊張感が解れ新学期の学生生活は次の段落をむかえる時期です。このタイミングに合わせせ、OCUラーニングセンターでは、TA企画の第2回学生文化交流イベントを5月16日に開催いたしました。

主に1年生と2年生を対象にした「市大生の井戸端会議~新生活編」を開催しました。市大に入学し生活し新生活の中で気づいた現実の大学と想像していた大学の違い、大学と高校までの学びのとの違い等を、先輩や同級生と話し合い不安を解消するというイベントです。トークが盛り上がり終わりの時間が来たのを忘れるほどでした。その後しばらく余韻も続いておりました。

 ▽▲▽参加者の声▽▲▽

1/ 市大生について、自分とは異なった価値観をもった学生に会うことができた。SAの立場から能動的に学生生活について話すだけでなく、相互に自分の考えを共有しあうことで、今日来てくださった学生さんからも刺激を受けることができ、良い交流の機会となった。 

2/ 訪れた学生とTA・SAとの会話は弾んでいた。他己紹介の時間は短かったが、学生間の壁はなくなっていたように思える。TAの自己紹介を文面にしていたことで学生側から質問をしやすかったと感じた。授業で告知してもらうなど、広報が今後の課題と思う 

3/ 市大生について、自分とは異なった価値観をもった学生に会うことができた。SAの立場から能動的に学生生活について話すだけでなく、相互に自分の考えを共有しあうことで、今日来てくださった学生さんからも刺激を受けることができ、良い交流の機会となった。

4/ 来て頂いた学生との交流はできたように感じる。学部が同じ方や出身が同じ方がおられたので会話が弾んだ。勉強とバイト、サークルの話題についても、新入生から質問をして頂けた。学生の方々に満足して頂けたと考え、意義があると感じたので次回以降の交流イベントでは多くの学生に参加して貰えたらと思う。